神戸らんぷミュージアム☆

神戸らんぷミュージアム (関西電力系列会社運営)
ビル内のワンフロワーにあるミュージアム~
5年間休館していたのですが、リニュアルオープンしたとの
情報を得~先日、友人達と行って来ました
以前訪れた時は母と一緒だったので、いったいどれ程ぶり
の事でしょう・・・

明々と照らされる"電気"の灯りが当たり前となっている現代、
このミュージアムでは~人類が"火"を発見してから 松明や
蝋燭⇒行灯⇒ランプと受け継がれて来た人々の暮らしや文
化を学ぶ事が出来てとても興味深いです
西洋からもたらされた石油ランプはデザインも美しくとても魅
力的ですネ
(ガレのテーブルランプ~素敵デス
ランプの灯りって癒されますネ
床に映し出された地元神戸をイメージした灯りのプチ プロジェ
クションマッピングも素敵でしたヨ
画像

画像


はぁ・・・雨風が強くなって来ました
これから台風21号直撃です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

PUPU
2018年09月04日 16:20
神戸らんぷミュージアムという所があるんですね
現代の蛍光灯は味気ない感じですが、ランプって光がやさしくて好きです
松明・蝋燭・行燈を使っていた時代も興味深いですね
火が揺らいで近くだけをぼ~っと照らす灯りもイイネ
それから、外国のランプはデザインがお洒落すぎます
ランプを愉しむ暮らしに憧れます
Chika
2018年09月09日 22:45
*PUPUさん*
電気の光も、もちろん有り難~いものですが、
蝋燭やランプの灯りは心も温かくなるような
気が致します
日本の行灯の火を再現した部屋の展示があっ
たのですが、まさにそれも"揺らいで近くだけ
をぼ~っと照らす灯"でした
昔の人はこの灯の元で書物を読んだり縫物を
したりしていたのですネ...何だか感慨深く思
いました

西洋のランプにはホント憧れを感じます~
ひとつひとつ灯りを灯して見てみたいデス